土地活用で豊かな生活
土地活用の必要性
土地活用の基礎知識
土地活用の種類
土地活用の比較
土地有効活用の条件
土地活用の基礎知識
土地活用の種類
土地活用の比較
土地有効活用の条件
固定資産税とは?
相続税とは?
土地活用Q&A
土地活用用語集

HOME

土地有効活用の条件

所有している土地を遊ばせている・相続税対策などの理由で、賃貸マンションの経営を考えている・・・

そんな方はちょっと待った!!!なぜなら、すべての土地が賃貸マンション経営に適しているわけではないからなのです。土地活用には、その場所にあった土地活用の方法があります。ここでは、土地活用の有効条件を5をご紹介していきます。ぜひ、あなたの土地活用の参考にしてみて下さい!

\

 

初期投資の早期回収

投資資金の額にもよるのですが、当然ながら、初期投資額が早期で回収できる方が将来的なリスクも軽減することが出来ます。投資額をできるだけおさえられる業態で土地活用をするのが一番望ましいのですが、投資額をおさえられたとしても、5年以上初期投資の回収に期間がかかってしまうような土地活用法はあまりおすすめできません。

 

市場背景

現在、景気は上向きと言われていますが、まだまだ日常で私たちが実感できる程ではないでしょう。
経済に左右される土地活用法や同業者の多い市場を選んでしまうと大きなリスクが伴ってしまいます。
土地活用を勧める業者によって考え方はいろいろありますが、消費者動向が景気などに左右されない土地活用法を検討することが重要と言えるでしょう。

 

収益性

初期投資の早期回収、将来の生活のため、税金面を考えてもやはり収益性の高い土地活用は魅力的です。マンション経営が夢だった、という方は長期的に挑戦していくのも良いでしょう。しかし数ある土地活用法の中には利益率が70〜80パーセントという業態も少なくはありません。不動産関係のサイトが濫立するインターネットではこのような情報にたどり着くこと自体が稀になっているようです。

 

所有者の肉体的・精神的負担

時間的拘束の多い業態を選んでしまったばかりに土地所有者(オーナー)自身が体を壊してしまったり。騒音等の近隣トラブルが起き、土地活用自体が精神的苦痛になってしまうという話を良く聞きます。ご家族、本人のためにも収益も当然ですが心身の安定が得られるような土地活用法を選択したいものです。

 

事業撤退がスムーズかどうか

消費者ニーズが無くなってしまったなど、事業の撤退に迫られてしまった場合のリスクも考えて、有効な活用方法を選択しましょう。長期的に運用が必要な事業を選んでしまい、多額な借金だけが残ったケースや、撤退時に利用者とのトラブルで訴訟にまで発展してしまったケースも少なくありません。
あなたの土地をあなたが最適だと考えた方法で土地活用をするわけなのですが、それを取り巻く環境やリスクもしっかり認識し、検討したうえで活用方法を決めていきましょう。

 

土地有効活用のポイント

・土地の特性に合わせた土地活用を考える
・投資額と投資期間に合わせた土地活用を考える
・信頼できる業者を見つけること
・第3者から見た事業計画の分析が必要

土地活用で豊かな生活